海外調査とはどんなことをするのか

海外調査

調査はある事柄の実態の動向を調べたり究明を目的に物事を調べることを言います。国内に限らず国外においてもこれを行うことがあり海外調査と呼ばれることもあります。そして研究ではなく既存の方法に基づいて数値的な記録を残す方法を指すとされています。例えばある企業において対象地域は欧米やアジア、オセアニアや中東、南米も含めネットワークを通じて調査を行うことが可能になっています。この中には訪日や在日外国人の調査も含まれ複数の国における同時調査を行うことも可能になっています。そして対象者の手配や翻訳からオペレーションに至るまで対応することができます。当地におけるネイティブ・スタッフを使ったり調査票のダブルチェックを行ったり翻訳サポートにも対応しています。定量や定性、二次データを組み合わせることであらゆる調査ニーズに即した提案が可能になっています。

インターネットによる各国リサーチについては

韓国や中国等の海外調査ではパネルを保有することでネットを介してだけに限らずオフライン調査にも対応しています。そしてその国の事情を踏まえた上で最適な市場調査方法を提案することができます。マレーシアやタイ、ベトナム、インドネシアなどASEAN諸国である東南アジア地域においては日本企業の進出も著しく、インターネットの普及率が低い国ではオンライン・サンプリングを使って調査方法を提案します。北米や欧州の場合はグループ企業を活用してそのノウハウやパネルネットワークを通じて高品質かつ迅速なリサーチを行うことができます。他にもデプスインタビューやユーザビリティ調査などの実績を持ち国民性による違いにも配慮して研究に取り組むことで精度の確保に努め、調査設計のサポートも提供して来ています。

各種のリサーチの手法については

海外調査ではデジタル・マーケティング・リサーチにおいて世界最大規模を誇るクッキー・モニターをベースとしてターゲットを定めることができます。出稿された広告はどの属性にどの程度到達したかを捉えることができ、広告やサイトに訪問した方にもアンケート調査でき、複数の媒体においても複合的に測定することができます。データベース・リサーチでは実際の購買データに基づく購入者の把握や購買トレンドの分析に活用することができます。調査会社を経由せずにセルフ型のリサーチもありこれは登録を行った日から利用が可能になります。医師や薬剤師、看護師など医療従事者、あるいは患者さんへのアンケート調査も行え、スマートフォンを利用したリサーチやプロモーションの施策と実行、及び効果検証も可能になっています。