海外調査にかかる費用はどれくらいか

海外調査

“インターネット網が世界中で発達している現代においては、日本の企業も世界市場を視野に商売をするようになっています。これは何も海外に支社を置くだけでなく、インターネットを通じて海外に商品を販売することもでき、一昔前に比べると商売の規模も大きくなりやすい傾向があります。その一方で、やみくもに商品を販売しても海外の人に受けいれられない可能性があるため、事前調査が必要になります。事前調査をする場合には、海外調査専門の業者にお願いをすることでより内容の濃いデータを集めることができるだけでなく、ターゲットを絞って商品の販売をすることができるようになるでしょう。とはいえ、どの調査会社でも海外の調査をしているわけではありませんので、業者選びとその費用がとても大事になります。

どれぐらいのお金をかけるのかをよく考える

海外調査をする場合にも予算を考えなければならず、その点をいい加減にしては商売として魅力的な商品を売ることはできなくなるでしょう。予算はどこの業者に頼むかによっても異なりますが、格安の業者は表面的なことしか調査していないことがあります。例えば、10万円前後で海外調査をしてくれるような業者も存在しますが、海外に行って調査をするのではなく海外から集めた資料などをもとに調査をするだけで、その地域特定の調査をすることはしません。たとえばアメリカの州のデータを出すことができても、その州の中の特定の地域だけを調査することは難しくなります。そこで、本格的に細かいところまで調査をする業者を選ぶ場合には、およそ50万円から200万円ぐらいかかると思って間違いありません。本格的な調査をすることができれば、そののちの戦略も明確になりより良い結果を出すことができるでしょう。

海外での調査をより効果的に生かすには

海外調査をより効果的にするためには、確実にターゲットを絞っていくことが大事になります。例えば食品を販売する場合でも、日本で好まれている食品をそのまま海外に輸出すればうまくいかといえばそのようなことはありません。結果的に、調査をして自社で扱っている商品が果たして売れるかを明確にすると同時に、ターゲットを明確にしておく必要があるでしょう。仮に海外で商品が売れたとしても、日本で20代に売れているものが、海外では40代に売れる可能性もあります。このような場合には、ターゲットが20代ではなく40代に変更しなければなりません。そうすると、宣伝に起用するイメージも大きく変わってくるでしょう。そのような点を踏まえて、少しお金をかけて調査をすることが重要になります。”