海外調査はどんな風に利用されるのか

海外調査

日本で企業としての基盤を確立し、より一層の成長の為に海外展開を考える企業は少なくありません。また、寡占状態となっている日本市場での起業ではなく、海外での起業でビジネスチャンスを得ようと考えるチャレンジ精神旺盛な起業家も居られます。いずれの場合でも、海外展開を考える際には、海外でのビジネス環境を調査する事は必須です。商業の場合には、展開を考えている都市での店舗の立地、現地人を採用する事を考えて国民性や賃金水準等の調査も必要ですが、何よりその国や都市でのマーケティングが不可欠です。また生産拠点を展開する場合にも、先の商業のケースにプラスして、部品の調達に関する調査も必要となります。また、いずれの場合にも、その国の税制や企業に課せられる義務等についても調査が必要不可欠です。こうした海外調査を行う事無く、現地に企業展開するのは無謀と言えます。しかし、自力で調査する事は困難なため、調査に当たっては多くの企業が経験豊富な海外調査会社に依頼するのが一般的です。以下では、海外調査会社を活用する例やメリットについて記載します。

商業展開における調査会社の活用

日本の飽和状態の国内マーケットから、海外展開する事で更なる成長の確保を考える企業は少なくありません。しかし、展開先の国の発展状況や国民性により、そのニーズは大きく異なります。従って展開を考えている都市等における徹底したマーケティングを行う事は、事業展開の為には必須と言えます。マーケティングとしては、一般的なニーズ把握、商圏の設定、競合関係等の調査を調査会社に依頼し、店舗等はその調査会社の提案を基に、現地視察して決定すると言った方法が採られるケースが一般的です。また、各種契約、人の採用等もコンサル業務としてサポートしてくれる会社もあり、こうした企業の全面バックアップで海外展開のスタートを切る事が大切です。素人感覚で調査して意思決定した場合、その国特有の経済制度や商慣習等の思わぬ落とし穴で失敗する事も多く、やはりプロの調査・アドバスを基に展開する事が必要と言えるのです。

生産展開における調査会社の活用

メーカーが海外展開する場合には、2つのケースがあります。労務費の安さを求めて、海外生産して日本国内に持ち帰るケースと、海外市場をターゲットに生産拠点を展開するケースです。日本に持ち帰るケースでは、その国での工場立地、経済制度、従業員の雇用や賃金等の調査が中心となり、現地生産・現地販売の為の展開では、持ち帰りのケースにプラスして現地のニーズ把握や需要予測が欠かせません。工場立地や経済制度や従業員雇用等は、海外展開支援を専門で行うコンサルタントでも調査・サポートは可能ですが、現地生産・現地販売を考えるケースでは、商業の展開同様に、マーケティングも行う事が必須です。従って、こうした場合には現地でのマーケティングを代行してくれる海外調査会社のサポートを受ける事が重要となります。工場展開の場合には、商業以上に大きな投資を伴う事が多く、失敗は許されず、こうしたマーケティング調査を十分に行う事が一層重要と言えるのです。