知っておきたい海外調査のメリット

海外調査

マーケティングリサーチは消費者の動向や企業を取り巻く環境を調査・分析して経営戦略や販売戦略に役立てるために行われます。日本国内では当たり前に行われているリサーチですが、海外に現地法人を設立したり商品販売する時も国内と同じように重要なステップです。むしろ海外調査のほうがより詳細なリサーチが要求されるといっても良いでしょう。何故なら、日本では常識と思われていることでも海外では非常識であることも珍しくないからです。「郷に入っては郷に従え」はマーケティングとは全く関係ないことわざですが、このことわざを忘れて、日本企業が海外に進出しても成功する確率は低いものとなるでしょう。海外市場で成功を収めるためには、ターゲットとなる国のことをよく知ってからアプローチすることが重要です。

海外調査で現地のニーズを調べて戦略に組み込むメリット

日本で売れている商品だからと言って世界中のどこでも売れるとは限りません。その国の人々に受け入れられなければ商品を売ることはできません。海外市場をリサーチして消費者のニーズをまず知ることが大切です。ニーズがあるとわかったら「いくらなら売れるのか」「売るためにはどのようにアプローチすればよいか」「仕様変更は必要か」などを調べていくことでニーズにマッチした販売戦略をとることができます。また、競合となる企業が既に存在している場合も、海外調査が役に立ちます。競合調査をすることで自社商品の優位性を保つための商品開発や販売戦略に役立てることができます。さらに業界調査をすることで市場の将来性を推し測ることもできます。既に飽和状態にある市場に進出しても成長は望めません。

知らなかったでは済まされない失敗を防ぐ海外調査

無宗教と言われる日本人が見落としがちなのがその国の宗教です。宗教はその国に住む人々の生活習慣や国民性に繋がる重要な視点です。宗教的に受け入れられない行為が信用を失うきっかけになります。決して蔑ろにできるものではありません。ニーズや業界についてだけではなく、その国の背景と特性についてリサーチして知ることが大切です。また、海外進出する場合には現地の顧客とのコミュニケーションも大切です。コミュニケーションを円滑にするために現地の人を採用することになるでしょう。現地の雇用習慣からはずれれば採用もマネジメントもうまくいかないでしょうし、その国の労働法に違反することもあります。雇用習慣や法規制などあらかじめ調べておけばスムーズに採用ができ、優秀な人材を確保することもできるようになるでしょう。